まずはWEB登録! 登録すると案件の非掲載部分が表示され、応募も簡単にできます。

北陸 石川県 富山県 の求人情報

転職のノウハウ

職務経歴書の記入方法

職務経歴書を作成するときの注意点

  1. Point 01

    履歴書と職務経歴書の違いを理解しておきましょう。
    履歴書は応募者の住所、学歴、経歴、資格、志望動機など応募者の自己紹介です。職務経歴書は、今までにどのような業務に携わっていたのか、どのような知識、スキルを習得してきたのかを具体的に書きます。そのため、書類選考に職務経歴書が利用されます。

  2. Point 02

    職務経歴書の主要目的は、採用担当者に対して自分の実務能力をアピールすることです。
    アピールするためには採用担当者が読みやすいように工夫し、「会ってみたい」と思われるような内容にしましょう。

  3. Point 03

    採用担当が会ってみたいと思わせる内容

    • 求めている経験、スキルなどと、自分の経験、スキルに共通できる部分があるか
    • これまでどのような仕事をしてきて、どのような成果を上げて、その経験をどう活かせれるか
    • 自分なりの言葉で書かれているか
    • 前向きな転職

    ※職務経歴書の使いまわしはせず、企業先・募集職種に合わせた内容で作成しましょう。

  4. Point 04

    採用担当者がチェックしているポイント

    • 求めている実務能力を持っているか
    • 求めている職種、ポジションに見合っているか
    • どのような業績、成果をあげたか
    • 転職回数や在籍期間
    • 職務経歴書のレイアウトからのパソコンスキル(営業職、事務職など)

職務経歴書の作成

用紙と記入方法

特にフォーマットは決まっていませんが、A4サイズの白無地の紙1枚~2枚、多くても3枚程度にまとめ、パソコンで作成するのが一般的です。

  1. 1経歴要約

    経歴要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目です。ここで良い印象を与えられなければ採用担当者は最後まで読む気になりません。
    採用担当者が読みたくなるような、企業で活かせる経験、成果、強味などをまとめた経歴の要約を書きましょう。

  2. 2職務経歴

  3. 3活かせる経験・知識・技術

    入社後の仕事で活かせると思われる知識、スキルを書きます。

  4. 4自己PR

    自分の強みや、入社後、いかに自分が貢献できるかを採用担当者にアピールするのが「自己PR」です。
    これまでの職務経歴の中から、経験・スキル・成果など根拠のある内容でアピールしましょう。